忍者ブログ
美容・健康に関することや 素敵なお店情報 なども載せています。                                        見てくださった皆様の ためになる情報を 発信していきます。
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回はアロマのブレンド希釈計算方法です。

*トリートメントオイルの希釈濃度について
アロマオイル(精油)とキャリアオイル(植物油)の希釈濃度は
植物油の量に対して精油の量が何%かで表されます。
日本アロマ環境協会(旧:日本アロマテラピー協会)
のガイドラインではトリートメントの際の
希釈濃度を1%以下としています。
また顔などの敏感な部分には、さらに低い濃度(0.5%以下)
での使用をすすめています。
↑アロマテラピー専門店ふぅの素さんのHPより


※私は50mlのビンに1~3%の濃度のオイルを作る
計算法をご紹介しますが、精油の使用量は、
(社)日本アロマ環境協会(AEAJ)
では全体の1%濃度をガイドラインとしており、
サイトによって希釈濃度の規定は1~3%と違いますが
上記の記載のとおり、お肌の事を
考えて低い濃度でのご使用をおすすめします




「マッサージオイルに精油をブレンドする際の例」
50mlのビンに1%の濃度のマッサージオイルを作る場合
1滴を0.05mlとして計算します。

50mlのビンに1%の濃度のマッサージオイルを作るなら
50×0.01(1%)=0.5
0.5÷0.05=10滴

50mlのビンに2%の濃度のマッサージオイルを作るなら
50×0.02=1.0
1.0÷0.05=20滴

50mlのビンに3%の濃度のマッサージオイルを作るなら
50×0.03=1.5
1.5÷0.05=30滴


このように計算します。もっと詳しく説明されている
サイトがありますのでよかったら参考にしてみて下さいね!


↓アロマテラピー教室「Natural Herb ナチュラルハーブ」
http://アロマテラピー検定.biz/category/3995667-1.html

↓癒しのしずく
http://www5b.biglobe.ne.jp/~a-yuka/aroma3_howto.html

アロマオイル販売 アロマテラピー専門店 ふぅの素
http://foonomoto.com/html/eoil/howto/seiyu-tukaikata.html

 

次回はブレンドの時に使うキャリアオイルについて
学びましょう。希釈計算方法がわかっても
ベースになるキャリアオイルがわからなければ
精油をブレンドできませんよね。


人気ブログランキングに参加しています☆
クリックしていただくと励みになります。
よろしくお願い致します。
ここをクリックしてね↓















 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
秘密にしておきたいとっておきの お店や情報載せています。 良かったら見に来てくださいね。
HN:
千愛
性別:
女性
職業:
アロマセラピスト
趣味:
ヨガ・ジム・パソコン
自己紹介:
言葉を大切に使い、常にポジティブに明るく、沢山の方に愛を与えて生きていく事が私のモットーです。
アクセス解析

Copyright (c)千愛さんの日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]